カテゴリー:キーワード選定

PPCアフィリエイト戦略概要図

2017年06月04日

今でも通用するPPCアフィリエイトの‘’あるノウハウ‘’とは?


今回お伝えするノウハウは目新しくないし、すでに実践している人も多いです。



正直、人によっては面白みゼロです。



でも、ハマると今でも効果抜群です。



ユウキは2年くらいやってますが、現在もハマる時はハマります。



ただし、ハマらない時は本当にハマりません(笑)



なので、

「ハマったらラッキー」

程度に余裕があればやってみてください。



では、わかりやすいように例を出しながら解説しますね。



まずこちらの案件を見てください。



スクリーンショット 2017-06-04 7.51.01.png






よくある口臭スプレーの案件ですね。


こういった案件は1度目にしたことがあると思います。


この案件をリスティング(今回はスポンサードサーチに限定)で売りたい時、どういったキーワード、アフィリエイトサイトでやりますか?



・口臭 スプレー

・口 臭い

・口臭 気になる


こんな感じのキーワードで勝負してもダメそうだなーって想像できますよね?^^;



じゃあこういったキーワードはどうでしょうか?


・初デート 身だしなみ

・面接 マナー


これらのキーワードは検索数が期待できませんし、口臭スプレーを売るにはかなりのライティング力が必要です。



では、この口臭スプレーを売るためにはどういったキーワードが良さそうだと思いますか?



ユウキだったら、このキーワードで勝負します。












「ブレスケア」



はい、あの「ブレスケア」です。


スクリーンショット 2017-06-04 7.53.10.png




コンビニとかで売っているアレです。



そもそも、ブレスケアというキーワードをわざわざネット検索する人ってどういう人でしょうか?



ブレスケアという商品名、そしてどういったものかは多くの人は知っているはずです。



ということを考えると


1 ブレスケア愛用者でネットで大量注文したい人

2 ブレスケアが本当に良い(効く)のか知りたい人

3 ブレスケアが自分に合うのか知りたい人(副作用などの心配)


などのような人が検索すると予想出来ます。



先ほどの案件を「ブレスケア」と検索した人にアフィリエイトする時、1に向けて紹介してもダメでしょう。



そういった人に広告をクリックさせないために広告文、説明文でしっかり書いておくことが必要です。



では、ターゲットは2、3にしようと考えるわけですが、ここで注意して欲しいのは、

「このブレスケアを使用する状況」

です。


これ、メッチャ大事です。



使用した経験があるとわかると思いますが、


・ニンニク料理などを口に臭いが残り食べ物を食べた後

・お酒などを飲んだ後

・口の後味が悪いと感じた時


にブレスケアって飲みますよね?



ということは、使う状況がある程度限定されているってことです。



ここが重要で、仮にここで口臭サプリをアフィリエイトしてもなかなか売れないと思います。



アフィリサイトのコンテンツ次第では、上手く興味を湧かせることは可能かもしれませんけど。



でも、ブレスケアは応急処置的なものなので毎日飲んで予防したりはしないじゃないですか?



そういった人に口臭サプリを紹介してもおそらく売れないです。


(そこまで深刻に悩んでいるなら、ブレスケアなんてキーワードで検索しないと思いますし。)



なので、ブレスケアを使う時とある程度同じ状況のもの、つまり今回の例にあげた口臭スプレーの方がよっぽど反応は出ることが期待できます。



このように


1 取り扱う案件(ジャンル)で世間一般的に認知されている商品を探す

(今回の場合、ブレスケア)


2 その商品と案件の使用状況に差がないか?悩みの共通点は一緒か?を確認する

(差があれば売れにくくなるし、使用するきっかけが全く一致しなければ尚更売れにくい⇒今回はブレスケア、口臭サプリとも使う場面は一緒かつ使用するきっかけもほぼ同じ。)


3 差がなく、悩みの共通点がほぼ一緒なら出稿してみる

(「ブレスケア」というキーワードで出稿)


こんな感じの流れで出稿します。



キーワードが「ブレスケア」なので、その単語を広告文や説明文に使用しても何も違和感がないですしね。



例) 

気になったらとっさのブレスケア

どこでも持ち運べて気になったら1ブッシュ
もう外食後も気にせずいられる/提携


みたいな感じに。



要は定番商品を応用した「ずらし」ってことです。



審査落ちすることもありますが、本当にハマる時はスゴイですから。



あと、こうした定番商品は毎月検索数もある程度ボリューミーです。



ということは、YDNのサーチキーワードで設定して出稿することも可能です。




例えば「養命酒」。



これをサーチキーワード登録で検索してみたらこのような結果になりました。


スクリーンショット 2017-06-04 7.51.16.png





検索ユーザー数はしっかりあるので、あとは


◯なぜ「養命酒」と検索したのか?を考える


・これから飲み始めようと考えているから?

・飲んでいるけど効果が実感できず不安だから?

・誰かにプレゼントするから?

・興味本意でどんなものか知りたいから


◯使用するきっかけと状況を想定する



この2つに出来る限りマッチしている案件であれば売れる可能性があるということです。



「養命酒」と検索したユーザーは、そこそこ年齢がいっている人で健康に気を使っている人だと考えられます。



そういった人が興味を持ちそうな案件を紹介する。



こういったことも出来るわけです。



最後に、サーチキーワードでこれからの季節、反応が出やすいキーワードを紹介します。



つまり、夏の季節に反応が出やすいキーワードってことです。



よく、夏に売れる案件の代表として、露出部分のニキビケア商品とか、日焼け止めクリームがありますね。



そういった案件に関連するキーワードをサーチキーワードにしても勝負出来ないでしょう。

(デコルテ ニキビ とか)



というか、ユウキは去年やりましたけど単価が高騰しててムリでした。



そこでオススメしたいのが、「スポット名」です。


・祭り

・花火

・キャンプ

・プール

・海水浴場

・遊園地

・動物園


などなど、こういったスポット名をサーチキーワードにする感じです。



こういったスポット名を過去検索したユーザーは、そのスポットへ行こうと考えていると言えますよね?



プールや海のスポット名だったら、日焼け止めクリームを紹介すれば売れる可能性あると言えます。



このように、サーチキーワードもダイレクトなものは単価高騰しているので、こうした一見CVに結び付かないキーワードで勝負するのが基本中の基本になってます。


ぜひ、試してみてください。



ps: 最初ら辺で紹介した口臭スプレーですが、取り扱っているほとんどASPはリスティングNGなのでご注意ください。




posted by ユウキ at 07:55| Comment(0) | キーワード選定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

キーワード思考法


PPCアフィリエイトはキーワードが全てではないですが、

「何かいいキーワードないかなぁ〜」って常日頃からあなたは思っていることでしょう。




そこで今回は、ユウキが普段から行っているキーワード思考法を紹介します。




本来、キーワードというのは0から自分で考えたりするのではなく、

ベースとなるキーワードをいくつかピックアップして、そこから展開するものです。




しかし、今回紹介する方法は、

ゼロからキーワードを生み出す(考えつく)ものと言えます。




ですので、一見難しそうに見えますが、

誰にでも出来る簡単な方法ですので

1つのエクササイズだと思ってください。





まず覚えて欲しいのは、

「毎日、あなたの日常生活で困ったなと感じたこと、あるいはもっと良くするために何かいい方法はないか?っと思ったことをかかさずメモする」

ということです。




普段生活をしていると、必ずいくつかの悩みに出くわしますよね?



・朝起きて、歯磨きをしようとしたら歯磨き粉がきれていた

・コンタクレンズを付けようとしたら、レンズが破れていた

・朝掃除をしたのに、その日の夜には猫の抜け毛が大量に落ちて掃除する前と状況が変わらない

・昼寝をしたいのに近所の工事がうるさくて寝れない



など。



ちなみに、上記の悩みはここ最近ユウキが出くわした一部になります。




ここでのポイントは、悩みの大きさは関係なく書き出すことです。




自分が大して悩みでないと思っても、

少しでも困ったなと感じたことはメモしてください。





で、なぜこの方法が良いのかというと

ユーザー目線に近づけることができ、より具体性をもったキーワードが見つかる

からです。




あなたがメモした悩みは

あなただけの悩みではなく、

必ず同じ悩みを抱えている人がいます。




そしてそれは過去、未来でも存在します。




つまり、その悩みを実際にあなたは体験したということなので、


・どうしてその悩みに出くわしたのか?(悩みのきっかけ)

・その時どう思ったか?

・その悩みを解決するためにどうしようと思ったか?


などがわかるわけです。



この3つさえわかれば、かなりユーザー目線に沿ったコンテンツが書けますし、

その際、ネット検索で解決法を調べたならば、

より同じ悩みを抱えている人が検索するであろうキーワードが選定出来ると思います。




先ほど例にあげた

「コンタクレンズを付けようとしたら、レンズが破れていた」であれば、

’’コンタクト 破れる’’などのキーワードに選定して、コンタクトが破れる原因を冒頭で解説し、
その解決法として破れにくいコンタクトや洗浄液などを紹介できないか?

みたいに考えられる訳です。





「コンタクト 破れる」というキーワードは、

おそらく体験したことがある人しか入力しないキーワードだと思います。



または、家族や友人など自分の身近な人がそういった経験があって、

それをあなたが聞いたり見たりしたことがない限りそのキーワードは考えつかないでしょう。




つまり、こうした実体験(身近な人の体験)だからこそ生まれる(思いつく)キーワードもあるということです。




それが売れるかは関係なく、

こうしたトレーニングがキーワード選定、

そしてコンテンツ作成で活かされることは間違いないです。




ここでユウキが最近困ったある一例を紹介します。




ユウキは夏になると白パンツ(ジーパン)を頻繁に履きます。




今年は白パンツに黒シャツというファッションが多いのですが、

この白パンツってけっこう履くにはリスクが高いんです。




白は膨張色というのもあるのですが、

ユウキにとってはそれが悩みではなく、

むしろ外出する度に汚れがつくのではないか?という心配の方が強いんです。




そして、ついにそれが現実になりました。




ある居酒屋で食事中のこと。




刺身に醤油をつけようとしたところ、

醤油がはねてしまい、白パンツに見事にシミがついてしまったのです。




けっこう気に入っていたパンツだったので、

なんとかしてこのシミを落とす方法はないかネットで色々と探してみました。



そう。



すでに察したかもしれませんが、

その時に入力したキーワードは


・白パンツ シミ

・白パンツ 汚れ

・白パンツ 洗濯


などです。




その時、ユウキは

「早い話、クリーニングに出せばいいけど持っていくのも面倒いし、出来れば白パンツの汚れも簡単に落ちる漂白剤があれば良いんだけどな〜」

って思っていました。


(残念ながらこれだ!と思った解決方法が見つからなかったので、その白ジーパンは今はそのままです)




おそらく、あなたも白パンツを頻繁に履くなら、

こうした悩みを1度体験したことがあるはずです。




このように、こうした悩みは体験してみないとわかりませんし、

‘’白パンツ シミ‘’というキーワードも考えつかないと思います。





仮に、ある洗剤や漂白剤をアフィリエイトしようとしても、


・洗剤 よく落ちる

・漂白剤 人気


などのありふれたキーワードしか考えつかないでしょう。




そして、これにはもう1つメリットがあります。



それは、その悩んだ体験から思いついたキーワードを展開できるということです。




先ほどの「白パンツ シミ」であれば、

白い衣類は汚れが付くと落ちにくいとわかりますよね?




なので、スカートやジャケットなんかも該当するわけです。

(特に男性より女性の方が白い衣類の汚れには敏感だと思います。)




また、衣類だけでなく世の中にある白いモノすべても入ると言えます。



家の壁紙、ペッドのシーツ、白い毛のペットなど。




このように1つのある悩みの体験から

様々な悩みの予想展開をすることでアイデアは無限に広がります。




こういった考え方を普段からしていれば

もっとアフィリエイトを楽しみながら実践できると思います。



ぜひ、これをあなたの習慣の一部にしてみてください。


posted by ユウキ at 11:25| Comment(1) | キーワード選定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

一般ユーザーが使用するキーワードの特徴とは?



PPCアフィリエイトにおいてキーワード設定が全てではありませんが

スポンサードサーチを使用する以上、入り口がキーワード入力なので

まずはそこを抑えておきましょう

という考えをユウキは持っています。


(もちろんサイト構成も重要ですが)




で、多くの人はキーワード設定の時に


•ダイエット+サプリ+おすすめ
•青汁+人気
•名古屋+深夜バス+安い



のように

「単語+単語」の形でキーワードを決めているかと思います。



これはこれで問題ないのですが、

実はこの形ってアフィリエイター目線のキーワード設定とも言えます。




普段から検索クエリを

くまなく見ている人はお気づきと思いますが、

一般ユーザーは必ずしも「単語+単語」の組み合わせで

キーワード入力しているわけではありません。




先ほど挙げた例だと

•ダイエット+サプリ+おすすめ

⇒ ‘’ダイエットにおすすめのサプリ‘’


•青汁+人気

⇒ ‘’人気の青汁‘’


•名古屋+深夜バス+安い

⇒ ‘’安い名古屋行きの深夜バス‘’




のように1つの文章、

つまり単語の間に‘’助詞‘’を入れた形でキーワード入力する人も多くいます。




実際に検索クエリを見てみると

こうした形のキーワードをちゃんと拾っていました。


122.png





ユウキの今までの経験で言うと、

「は」「が」「に」「の」「を」

を含んだキーワードはけっこう検索されます。



助詞と言っても


•格助詞
•接続助詞
•副助詞
•係助詞
•終助詞
•間投助詞


の合計6つの種類があるので、

まだまだ有効的な助詞が沢山あります。




こちらのサイトに助詞の一覧が掲載されているので、

参考にしてみると良いでしょう。

⇒ 助詞一覧表のサイト




このことからもわかるように、

やはり普段の生活で何気なく話している言葉やフレーズは

けっこう検索されやすいです。



例えば、

「◯◯って◯◯」

のような形がそれにあたります。



•花粉症って治る?
•ドコサヘキサエン酸って何?
•プラセンタ100って効く?

のようなキーワード(文章)です。



ただし、こうした形の場合

商品名キーワードで使用されている

単純なペラサイトでは情報量が足りないので、

色々とコンテンツのあるサイトにしなければいけませんが(汗)




言われてみれば当たり前の話ですが、

アフィリエイトを長く続けていればいるほど

こうしたキーワード設定が出来なくなる傾向にあります。




なのでSNSなどで

一般の人はどういう文章を打ち込んでいるかなどを見る癖をつけると良いです。




そして部分一致などでキーワードの幅を広げて、

検索クエリをくまなく見ることをおすすめします。




また関連キーワードのサイトをSEOでもやっている方は、

ウェブマスターツールを使用することで

プロモーション広告同様に検索クエリを拾えることが出来ます。




そちらも合わせて行うことで、

大量のキーワードを拾えるので是非試してみてください!


スクリーンショット 2015-08-26 21.29.52.png


posted by ユウキ at 20:08| Comment(0) | キーワード選定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スカルプケア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。