PPCアフィリエイト戦略概要図

2017年07月13日

PPCエッセンシャルスクール1期から継続しているスクール生の話


7月12日からPPCエッセンシャルスクール3期の募集を開始しました。

スクリーンショット 2017-07-13 17.00.31.png



自力でPPCアフィリエイトで稼ぐことに限界を感じていて、
まっ当な手法で長く続けたいならユウキがフォローします。



あと、こういうのって参加したいって思ったらすぐに参加した方が良いですよ。



金額の問題とかあると思いますが、
情報商材ってどうしても販売終了ギリギリで買う人が多いじゃないですか?



そういう人に限って買って満足ってなりますからね(汗)



買うか買わないかの検討で変な力を使い果たして、購入後燃え尽きちゃうみたいな。



そんなことに悩むんだったら、
購入した後の実践の過程でいっぱい悩んでください。



その方があなたのPPCアフィリエイトのレベル引き上げにもなります。



あっ、「悩む」じゃなくて「考える」で頭使ってくださいね。



さて、3期ということで
かれこれ1年以上スクールを運営しているんですが、
ありがたいことに1期から継続されている人がいます。



その中にクスクスさんという方がいるんですが、
もともと他のPPCアフィリエイト塾に参加した方でした。



このブログでも数回登場しているので、
もしかしたら知っているかもしれませんね。




その塾が休止?したようで、
なかなか成果が出せず諦めたくないとのことでPPCエッセンシャルスクールに参加。



ユウキのスクールでは、
まず参加者1人1人の現状のレベルを把握するために、
個別チェックシートというものを提出してもらってます。



当時のクスクスさんのチェックシートを見てみると、


Q: あなたのPPCアフィリエイト歴と今の現状を教えてください(なるべく具体的にお願いします)


A: ちょうど丸1年になります。突発案件で14万ほど利益になった月が一度だけありますが、−5000円〜2万円くらいの利益をうろうろし、まだ未確定が積み上がっていますが、先月(11月)は利益5万前後行けるかな…と言った感じです。



Q: あなたが今行っているPPCアフィリエイト手法を教えてください(例 商標名ペラサイトを中心にサイト数は◯◯◯)



A: 関連kwペラサイト(400字〜1800字ほどの説明文付き。800字くらいが多いでしょうか)が中心で、案件数で70くらい(1案件につき、関連kwごとに平均200サイトずつくらい)。ほか最初の頃と、気になったものがあった時に商標名ペラサイトを出しています(100サイト弱)。




という感じで、当時は5,000円~2万円で足踏みしている状態でした。



やっていることも1件案件の細分化サイト、
つまり地域名などにあったものをやっていたんですね。



今でもその手法は稼げますが、その反面競合が多いのも確か。



しかも本業が特殊なので、
作業できる時と出来ないときの差がかなり激しい環境でした。



出来る時は1日7時間、忙しいときは0~2時間くらいという状況。



土日はお子さんと過ごすためにほぼ作業時間が取れなかったようです。




そんなクスクスさんなんですが、
スクールに参加した2ヶ月目には発生金額20万円を達成し、
1期在学時は毎月10万円以上の利益はキープできるようになりました。




そして迎えた2期。


・どうしたら売上げが安定するか?

・日頃のメンテナンスはどうやっていくか?


を1期で掴んでいたので、トータルで約130万円の報酬を獲得。



また、PPCエッセンシャルスクールでは
PPCアフィリエイターのための情報発信のやり方も教えていて、
それも平行しつつ実践をしているので副収入も入れると150~170万円くらいでしょうか。




さて、このクスクスさんなんですが、
実は1期の時からずっと稼ぎ続けている広告があります。



しかも売上件数が今も伸びている状態で。



その広告はジャンル的に競合で何よりスポンサードサーチなので、
普通に考えてCPCの高騰は覚悟しなきゃいけないようなものでした。




そんな広告がなぜ今でも稼ぎ続けられているのか?



結論から言うと、

正しいメンテナンスをしっかりやっているから

です。



メンテナンスがいかに大切はもうわかっていると思いますが、
これはすぐに身に付くようなものではありません。



繰り返しやることで、徐々にコツを掴んで身に付けるしか方法はないです。



なんか、クリック単価だけ下げるだけがメンテナンスだと勘違いしている人多いですが、それってちゃんと理由があって下げているのか不思議でなりません。



「平均掲載順位が下がったらクリック単価を上げる」


これ、すぐやっちゃう人はダメですね。



前にも言いましたが、PPCアフィリエイトのゴール(答え)って何でしょう?



答えられないとは言わせませんよ^^;



はい、アフィリエイト報酬の獲得ですね。



さらに言えば、アフィリエイト報酬と広告費の差額の利益を出すことです。



アフィリエイト報酬と広告費の差額の利益の獲得=PPCアフィリエイトのゴール(答え)



これを第1に考えなきゃダメです。



当たり前の話ですよね。



このゴール(答え)までのルートを逆にすると


7:アフィリエイト報酬の発生



6:アフィリエイトリンク先ページでのアクション(購入や申込みなど)



5:アフィリエイトリンク先にアクセス



4:クッションページにアクセス(アフィリリンクのクリック数を調べるためのページ)



3:アフィリエイトサイトにアクセス



2:広告をクリック



1:広告を見る


になります。



細かくすれば、決算ページに飛ぶとかリンク先サイトの見るとかありますけど、大まかな流れはこの通りです。



さっき言った、

「平均掲載順位が下がったらクリック単価を上げる」

は「1:広告を見る」と「2:広告をクリック」を直接的に改善するためにやる施策ですよね?



で、確かにこれは大切なんですが、

最終ゴールのこと考えずやるとこういったことが起こります。



例えば、報酬額5,000円の案件を1件獲得した時のデータが


・入札価格:30円

・平均CPC:25円

・平均掲載順位:2

・品質インデックス:7

・インプレッション数:1000

・クリック数:120

・クリック率:12%

・CVR数(アフィリリンクのクリック数):25

・CVR(アフィリエイトリンクのクリック率):20%

・合計コスト:3,000円


になりました。



2,000円の利益が出たことになります。



しかし、ある日CPCが高騰して1ページ目上部掲載に必要な入札価格が60円になりました。



それが影響して平均掲載順位が5位になったとします。



そこであなたは入札価格を30円⇒60円にしました。



すると…以前よりも2件報酬が発生し10,000円となりました。



しかしデータを見ると...


・入札価格:60円

・平均CPC:60円

・平均掲載順位:1

・品質インデックス:8

・インプレッション数:1000

・クリック数:180

・クリック率:15%

・CVR数(アフィリリンクのクリック数):40

・CVR(アフィリエイトリンクのクリック率):22%

・合計コスト:1,0800円


という結果になり、800円の赤字になってしました。



こういった経験ありませんか?



これはCPCが高騰して安易に入札価格を上げてしまったことで赤字になる典型的な例です。



通常、平均掲載順位が高ければ高いほどクリック数は増えます。



この例だと、以前は2位でCPC25円だったの対して、
入札価格を30円⇒60円にしたことで1位になったためクリック率が上がり、
結果的に赤字になっちゃってますよね?



一体何がいけなかったと思いますか?




本来、この例で考慮する数値は


・CVR数(アフィリリンクのクリック数)

・CVR(アフィリエイトリンクのクリック率)


この2つです。



この2つを加味しないで入札価格を上げたせいで赤字になった可能性が非常に高い。



なぜなら、今まで平均掲載順位2位で入札価格を上げて1位になってもクリック数は変動しますが、この2つの数値はよほどのことがない限り大幅に変動しないからです。



確かに、入札価格を上げたことでCVR(アフィリエイトリンクのクリック率)が2%アップしてますが、アフィリリンク先のサイトのCVRで考えれば1%しか上がっていません。


(入札価格値上げ前:1/25×100=4%、入札価格値上げ後:2/40×100=5%)



1%という数値だけ見れば良いかもしれませんが、
利益を出すためには最低でも7,5%ないとダメな計算になります。




方法としては、


・とにかく広告のクリック数を増やす

・CVR(アフィリエイトリンクのクリック率)を上げる


この2つしかありません。



でも、今回のように広告のクリック数を増やしたいがために入札価格を上げると、結果的に赤字になりやすいです。




なので、入札価格を上げてクリック数を増やすよりも、CVR数(アフィリリンクのクリック数)を改善した方が最終的に利益が確保できる確率が高いと言えます。



特に、1件あたりの獲得コストが報酬額の50%以上かかっている場合はそうした方が良いかと。


(今回の例だと5,000円の報酬を獲得するために費やした広告費は3,000円。つまり60%かかっているのでむやみに入札単価を上げると赤字に可能性大ということ。)



入札価格を30円⇒60円したやつならアフィリリンク先のサイトCVRをあと10%、つまり、広告をクリックした180人中60人がアフィリリンク先のページに誘導すれば利益が出る計算になります。



それと大切なのがもう1つ。



常にライバル広告をチェックしてください。



平均CPCが変動するのは自分以外の広告が何かしら変化があったから起きるわけで、それをしっかり把握しないといくらメンテナンスしてもダメです。



出来れば一週間単位で、


・新規広告は出稿されていないか?

・既存広告の文面は変わっていないか?

・広告リンク先のサイトに変化はないか?(デザインやコンテンツなど)


この3つはチェックするべきでしょう。








どうです?


しんどいですか?(笑)


これがメンテナンスですよ。



こういったことをやらないと、クスクスさんのように安定的な報酬は発生しません。



でも大丈夫です。



クスクスさんも最初はメンテナンスというメンテナンスが出来てませんでしたから^^;



それでもスクールのマニュアル、個別サポートを活用して今では


「競合が撤退するような案件でも自分だけ黒字化することができるし、新規参入してくるアフィリエイターさんがいたとしても、既にメンテナンスを繰り返した自分の広告よりパフォーマンスが高い可能性は極めて低いと言えます。つまり、メンテンナンスでブラッシュアップすればするほど、競合に脅かされず安心して収益を上げられるようになるってことですね」


って言っているので、

あなたもちゃんとやればクスクスさんみたいになれるはずです。



ちなみにクスクスさんがどんなメンテナンスをして同じ広告をで稼ぎ続けているかは、スクールのコンテンツで詳しく解説しています。



PPCエッセンシャルスクールでは、コンサルに近い個別チャットでやり取りをします。



期間中は何回もやり取り出来るので、
今回話したメンテナンスの質問も遠慮なくしてください。



というより、してもらわないと参加する意味がないです(笑)



たまに

「こんなこと質問して良いのか不安だったので今までしませんでした」

って言う参加者がいるんですが、それって自分が出来ない人みたいに思われるかもしれないって考えてるからですよね?



つまり、恥ずかしいから。



最近読んだ本に書いてあったんですが、
「恥」って人間の感情で1番ランクが低いらしくもっとも悪い感情みたいです。



この感情を出したくない、他人に見せたくないから、
だから何とかして「恥」をかかないようにするんですね。




でも、

「こんなこと質問して良いのか不安だったので今までしませんでした」

の何が恥なんですかね。



質問しない方がよっぽど恥だと思うんですが^^;



お金を払ってまで、そう考えちゃう時点で負け、つまり「恥」なのでないかと。



1~2期を通して、定期的に連絡してくる人ほど成果が出てるので、参加したらトコトン連絡取り合いましょう。



連絡待ってます。

⇒ PPCエッセンシャルスクール

(募集定員50名)






posted by ユウキ at 17:12| Comment(0) | PPC教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スカルプケア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。