PPCアフィリエイト戦略概要図

2016年04月25日

アフィリエイトの確定率の実態


アフィリエイトって売上が発生して

「よっしゃー!報酬が発生しているぞぉ!」

と喜んでも、数ヶ月後に非承認になった途端、

「マジかよ。。何だよ。。」

という経験を誰しも1度はあるでしょう。




特にPPCアフィリエイトって、

広告費をかけてる分、

そのダメージはSEOアフィリエイターよりも大きいはずです。




最悪の場合、全部非承認になることもありますからね。




で、この確定率なんですが

PPCアフィリエイトをやっている以上、

それを元に実践するのとしないとでは

実践方法も変わってきます。





例えば、1CV獲得までの限界広告費をどれくらい費やせるかも、

この確定率がわからなければ決められません。




つまり目標CPAを決める作業ですね。




これに関してはスクールで教えているのですが、

目標CPAを決めるには

「報酬額×確定率」で割り出します。




例えば、報酬額3,000円で確定率が80%の案件があったとしましょう。



この場合、

3,000×80%=2,400なので、

限界CPAは2,400円となります。




つまり、2,400円以内で1件獲得出来れば、

とりあえず赤字には‘’ほぼ‘’ならないということです。



しかし、ここである問題が発生します。



薄々わかっていると思いますが、

一般的に多くのASPは確定率を公開していません。




有名どこで言えば、A8のはランクがゴールド以上で確定率が確認できます。




ただ3ヶ月の合計報酬が10万円以上でないとゴールドになれないので、

全ての人が容易に達成しやすいとは言えません。




それでもユウキがPPCを始めた当初は

ブラックランクでなければ確定率を確認出来なかったので、

だいぶ基準が下がったのは確かですが。。。




このランクの差で、扱う案件の取り組み方も変わってくるのが現実なんですね。




例えば、これからエステの需要って伸びるじゃないですか??




夏に向けて脱毛したい女性が増えるので、

もちろんですがエステの案件は爆発的に報酬が発生します。




では、肝心の確定率はどうなのか??



さっきA8にある有名どころのエステ案件を調べてみたら、

このような結果でした。(2016年4月24日時点)



■ミュゼ    68.61%(来店)

■ラ・パルレ  57.89%(新規予約申込)

■銀座カラー  31.25%(新規契約)

■TBC     43,83%(来店)

■エピレ    61.06%(来店)




エステって色々なコース別に案件を分けられているので、

今回掲載したのは、コースの1部の確定率となります。




これらの確定率を見てどう思いましたか??




正直な話、実際に掲載されている確定率より低いと考えた方が良いかと。



去年、ミュゼなんかは色々と問題が発生しましたし。。。




ユウキだったら、ライバルが多い上に

確定率もそこまで良くないエステ案件に全力投球するのはどうなの?

という感じです。





可哀想なのは、この確定率を知らずに、

「そろそろ夏も近いしエステの需要が多くなるから、今年の夏はエステ案件1本で頑張ろう!」

と考える新米PPCアフィリエイターさんですよ。。




案件が案件なので、ほぼほぼCPCも高騰しているし、

それでも売れるからやる人って絶対いると思うんです。




結果的に大赤字になって

「やっぱりPPCって稼げないじゃん!」

っていうオチになったり。。。。




前々から思っているのですが、

確定率ってランクとか関係なく

登録している会員全員に公開するべきですよ。




確かに公開することで、

クライアントとASP側は少しリスクを伴うと思いますが公開することによって、



1 確定率が悪い案件にアフィリエイターは手を出さない



2 クライアント側はアフィリエイターにもっと協力してもらうために確定率を上げる努力をする



3 確定率が高い案件が多い結果、アフィリエイターが紹介したくなる案件が増える



4 結果的にASPで扱っている多くの案件がアフィリエイターにとって良いものとなり、ASP、そしてクライアントの評価も上がる



ってなると思うんですけどね。




と言っても、ユウキ自身ASPを運営している訳でもないので、

実際には色々な問題があって公開を制限しているんでしょうけど。





もし、確定率がわからない状態だったら、


・物販系   60~80%

・サービス系 40~60%



と見た方が無難かなと思います。



あくまでも参考基準なので、

これ以上の案件もあるし、これ以下のものもあります。



実際に報酬が発生して、

確定の件数を見ながら

徐々に限界CPAを調整するのが良いかと。




忘れないで欲しいのは、

「確定率をきちんと視野に入れて目標CPAなどを決める」

ということです。





posted by ユウキ at 09:46| Comment(0) | 商品選定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スカルプケア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。