過去ログページ

PPCアフィリエイト戦略概要図

2016年07月15日

スマホからのCVの罠


前回、

「今やレスポンシブ対応は当たり前になっているけど、ユーザーが検索したキーワードタイプ(購入寸前のキーワード)の場合、別にスマホ用に表示されてないサイトでもCVは発生する」

ということを話ました。



こちらの記事ですね。



レスポンシブ対応って実はそこまで・・・





で、今回はその延長線上の話をしようかと。



近年、スマホユーザーの増加に伴い、

スマホからアクション(何か商品を購入したり、サービスに申し込んだり)する人が増えているのはあなたもご存知でしょう。




売れている案件で圧倒的にPCよりスマホからの売上が多いというものが1つはあるはずです。



まあこれは時代の流れ的に至極当たり前と言えます。




しかし、これをただ当たり前と思うのはちょっと危険です。




というのも、このスマホ。



PCとは全く違った性質と言いますか、

これをちゃんと認識してないと知らぬ間に罠にハマる可能性があるんですね。



ここで1つ質問ですが、

PCとスマホの1番の違ってなんでしょう?




少し考えてみてください。



ちなみに大きさとか重さが違うとかは省いて考えてください。














正解は…

PCとスマホでは使う用途、環境が全く異なるということ。




あなたは普段、PCを何の目的で、いつどこで使ってますか?



また同様にスマホは?



おそらく(というよりそうだと思うが)

PCは基本、何も邪魔が入らない環境で使ってませんか?



例えば、


・自宅で集中できる場所

・外出先でゆっくりできる場所

・仕事場



などなど。




それと比較してスマホの場合はどうでしょう?


・電車などの移動時間

・テレビCMなどの合間時間

・食事中

・寝る前のベッドの中



など、ほとんど何かをしている最中、

合間の時間で使用していることが大半だと思います。




これは何もアフィリエイトをやっている人だけじゃなく一般人も同じ。




電車の中でPC開いてオンラインゲームをやっている人。


夜寝る前にちょっとYouTubeを見たくてベットの中でPCを開いてみる人。


なんてそうそういないはずです。




何が言いたいのかと言うと、

スマホって使用している環境が一般的に‘’ながら作業中‘’か‘’暇つぶし‘’のため、

そこでCVを絶対的に獲得するのは難しいということです。






しかもスマホという媒体上、


・電話がかかってくる

・LINEでメッセージが届く

・FBのいいねやコメントの通知がくる

・メールが届く


など、邪魔が常に入ってきます。





これが厄介でして、

仮にアフィリエイトサイトを見たユーザーが

「あっ、これイイかも!」って思って公式サイトへ飛んだ瞬間、

LINEのメッセージが届いたら、そのページは閉じてしまうわけです。





で、そのユーザーからしたら、

そのアフィリエイトサイトのタイトルなんか覚えていないでしょうし、

もし商品名を覚えていたら、次に検索する時は商品名で検索するでしょう。




要は、あなたのサイトをもう1度見てアクションする可能性は限りなく少ないということ。




このように

「今はスマホからのCVが増えている時代だから、とりあえずスマホ重視でやろう!」

と安易な考え方だと高確率で失敗します。




おそらく、アクセスが増えるでしょうけど、

それと比例してCVが増えることはないです。




ここで重要なのは、

そうしたユーザーをどうやってもう1度呼びおこす

かになります。




もうお気づきかと思いますが、

そこで必要になるのがYDNのリターゲティングです。




ちなみに以前紹介したデバイスごとの売上データの約4割はリターゲティングからです。




そもそもこの機能が出来たのも

消費者思考が目まぐるしく変わるこの世の中で、

1回のアプローチでアクションを起こすユーザーが減少している傾向があったからだと思います。




情報量が多い今の時代、

一般ユーザーの検索力と比較検討能力は年々上がっています。




つまり、1回のアプローチでアクションを起こすユーザーは確実に減少してきます。




よって、リターゲティングがより重要になるわけです。




もしあなたの売れている案件でPCよりスマホからのCVが多かったら、

以下のことを確認した方が良いです。



・1回目のアプローチで購入に至ったのか?それとも複数回なのか?

・クリック時間とアクション時間の差はどうか?



もしクリック時間とアクション時間が異常に短かったら


1 こちらが意図として狙った検索ユーザーに相応な情報(アフィリエイトサイト内のコンテンツ)を伝え、その商品との関係が一貫性を持っていたためユーザーは時間をかけないでアクションを起こした


2 すでに紹介している商品の認知しており、アフィリエイト、販売サイトで購入(申込)をする最終的な決断をした。



のどちらかの理由でアクションを起こしたと考えいいでしょう。




ちょっとこのデータを見てください。


スクリーンショット 2016-07-14 14.01.41.png



これは同じ案件の3日間の売上データになります。



クリック日時と売上発生日時をみてみると…



1 クリック日時: 6/9 13:46:43

  売上発生日時:7/12 21:35:11



2 クリック日時:7/11 16:24:32

売上発生日時:7/11 16:34:04



3 クリック日時:7/10 06:22:04

売上発生日時: 7/10 06:40:02


となっています。




ご覧の通り、1はクリック日時と売上発生日時は約1ヶ月あります。



ご察しの通り、これはYDNからの売上です。




残りの2、3はスポンサードサーチからになります。




このように、YDNは時間がかなり経って売れる場合もあると言えるし、

2,3を考えると、アフィリエイトサイトと販売サイトの内容がある程度一貫性があると考えての結果だと言えるでしょう。





つまり、どういった理由でその商品が売れたのかがわからなければ(もしくは知ろうとしなければ)、

ただ単に「売れた!」という結果だけにしか目がいないから、

後々売上げ下がった時に色々と悩むハメになり、

いざという時に対処できないということです。





というわけで、

スマホからCVが多いのはそれなりに理由があって、

売れない理由が(障壁)がPCに比べて多いということ。




それをいかに対処していくかが大切ってことを覚えておいてください。




posted by ユウキ at 08:44| Comment(0) | PPC広告、リスティング広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

レスポンシブ対応って実はそこまで…


突然ですが、あなたはサイトを作成する際、

そのサイトをレシポンシブ対応にしますか?




「いやいやユウキさん、今時スマホユーザーが多いからそりゃレスポンス対応するでしょう!」

って思いますよね、普通(汗)




巷にあるサイト作成ツールなんかは、

当たり前のようにレスポンス対応になっているし、

そうしないとスマホユーザーからCV取れないっていうのが一般的な考え方だと思います。




もちろんユウキもそう思ってました。



ついこの間までは。



でもここ最近、必ずしもそうではないのでは?と思うようになったのです。




ちょっとこのデータを見てみてください。


スクリーンショット 2016-07-07 10.47.01.png


⇒ 上記のデータが見にくい場合はこちらをクリック





これはある案件の先月分の売上を

各デバイスごとにグラフ化したものです。



見てわかる通り、全体のアクション数(報酬発生)が48件で

円グラフを見るとPCとスマホ(iPhone、アンドロイド)の割合が大体3:7くらいになっています。




そしてクリック数の割合もPCよりスマホの方が多いです。




で、このアフィリエイトサイトなのですが、

レスポンシブ対応にしてなくてPC、スマホでも同じように表示されます。




つまり、スマホの場合、

文字や画像が小さく表示されるということです。




先月回し始めた案件なのですが

1ヶ月のデータを見る限りでは、

別にサイト自体がレスポンシブ対応になってなくてもそれなり反応があると言えます。




これだけ見ると

「そっか!別にレスポンシブ対応とかあんな関係ないんだ!」

って感じですよね。




でも、このサイトの核となるキーワードは

かなりアクション(購入や申込)をしたい人に向けてのものになります。




あっ、ちなみに商品名キーワードじゃないですからね。




このように、

キーワード自体が、もうアクション寸前のユーザーに向けたキーワードであれば、たとえサイトが見にくくてもユーザーはそんなことは気にしないでそこから購入したり、サービスを申し込む

と言えます。





ちょっと思い出して欲しいのですが、

あなたがほぼ毎日見るであろう


・情報商材のLP

・無料オファーのLP


とかって、ほとんどサイト自体レスポンシブ対応になっていないと思います。




これは


・ネットビジネスをやっている人はPCで作業することが基本で、何か商材を購入したり、無料登録する時もPCからアクションを起こす人が多い。


・スマホであろうとPCであろうと、日頃から情報収集に熱心な人が多いので、多少見にくくても全く気にしない人が多い。

などの理由からでしょう。




「この無料オファーのLPなんか見にくいから読む気しないな〜」

ってあまり思いませんよね?



そんな時は画面を拡大すると思います。



もっとわかり例えを出しましょうか。



「砂漠で水を売るのは簡単」

っていうのを1度は聞いたことがあるでしょう。




マーケティングの本とかによく出るあの話です。




言葉の通り、

砂漠で喉カラカラの人に水を売るのは値段が高かろうと売れるという意味です。




当たり前ですが、砂漠で喉カラカラの人は水が欲しい訳です。




その時に、紙コップに入っている水だろうが

高級なコップに入っている水だろうが

その人にとってはどうでもいいのです。



(ペットボトルに入っている水を提供することによって、持ち運べると促すように売るというのは別として)



つまり、ユーザーの最終地点(水が飲める)を達成出来れば形はどうでも良いという訳です。




というわけで、

必ずしもスマホユーザーに対して、

サイトがレスポンシブ対応になってなくても反応が出るというのを伝えたくて今回話ました。




時間があったら

あなたの売れている案件をピックアップして、

どのデバイスから売れているのを一度確認してみてください。




もしそれがレスポンシブ対応になってなくて

スマホからしっかり売れているのであれば

今回の話をより実感できると思います。


posted by ユウキ at 20:43| Comment(0) | サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

Yahooプロモーション広告のインプレッション数が激減??


今回は最近よく発生している‘’ある事件‘’についてお話します。



先月の中旬くらいから、

スクールの生徒さん、またはメルマガの読者さんからある同じ質問を頂いてます。



その内容とは…

6月中旬くらいからいきなりインプレッション数がガクンと下がっている

とのこと。




幸いにもユウキはそのような状態にはならなかったのですが、

もしかしたらあなたは心当たりがあるかもしれません。




あるスクール生から聞いた内容によると…

↓↓↓


「私が出してる案件で出稿単価が1〜3円のもののみ、6月14日から16個もインプレがガクンと落ちていて、ヤフーに問い合わせてみても

「不具合はないし競合が単価を上げたから」

。。。と言われました。



でも、1〜2個くらいなら競合のせいも考えられるのですが、

流石に16個も同日にとなるとヤフーが低単価の広告の締め出しをしてる?

。。。としか思えないのですがどうでしょう?」


↑↑↑


のような状態になっているようです。




この相談メールを頂く前に、


・Amazon

・楽天


などの俗に言う、

「低単価(数円)で商品名キーワードで出稿するPPCアフィリエイト手法」

を主に実践している方から、

同様の現象が起こっていると連絡がきたことがあります。



その際の原因として、

「さすがに低単価の広告を締め出しているとは考えられませんが、やはりコンテンツが乏しいものはある程度強制的にやっている感はある」

と思ったんですね。



で、その原因をスクール生の方がYahoo側に追求してみると

以下のような回答が返ってきて,

当の本人はこのように思ったようです。


↓↓↓


ヤフーの人いわく低単価出稿の締め出しというわけではないそうですが、低単価の広告が表示され辛くなってるそうです。



理由はアドバンスURLの移行が影響してるかもとのことで、詳しくはよく分かっていないみたいでした。



以前からがら空きキーワードでもキーワードによっては、最低表示価格が高いものもありましたが、
全体的なハードルが上がってしまってるみたいですね。。。



その結果が今回の低単価広告が軒並みインプレが減った理由みたいです。



いづれ元に戻るかもしれないし、戻らないかもしれないそうなので、低単価で幅広く出している人には結構大きな痛手ですね。



↑↑↑



PPCアフィリエイターって、

やはりリスティングはキーワード勝負と思っている方が多いようで、

キーワード選定に力を入れている方が大半かと思います。




ユウキ自身もそうでしたし、

今でもキーワードのリサーチには力を入れています。




しかし、PPCアフィリエイト、リスティングの本来の目的とは何でしょうか?



・いかに低単価でキーワードを出稿するか?

・お宝キーワードを探すか?



そうじゃないですよね?




あくまでもリスティングはCV,

つまりアフィリエイト報酬を発生させるのが一区切りのゴールです。

(リスティングは改善の繰り返しなので本当の意味でのゴールは存在しません)




どんなに低単価でキーワードが出稿出来ても、

1件も成約しなければ赤字です。



そしてキーワードというものは、

いずれは単価が高騰してライバル広告が増えます。




それが明日かもしれませんし、1年後かもしれません。




その時、「どう対処するか?」が大事だと思うのです。




「今ままでの入札単価でこれくらいの平均掲載順位、平均CPC、CVだから、もっと入札価格を上げても反応が見込めるな。」


とか、


「入札価格3円で今までのトータルで見れば報酬額1000円のものをCPA300円で獲得出来ている。

でも一気にインプレッションが減ったらもっと入札単価を上げてみようかな。



じゃあ30円まで上げてみようか?



でもこれだと今までのデータでみるとCPAが800円になって見込める利益が少なくなるし、確定率の問題も入れると赤字になる可能性も高いな。


それだったら違う売れているキャンペーン、広告グループに予算を足した方がいいな。」



こういったことを考えられて実践出来るかが重要だということです。






そういった意味でも、

低単価のキーワードばかり求めている人は、

その対処法を知らないのでまた安く出稿できるキーワードがないか探すハメになります。




これって言わば、ノウハウコレクターと一緒ですからね。




なので、低単価のキーワードを求め過ぎるのはもうやめましょう。




そして今現在、楽天、amazonなどの商品名キーワード手法を実践しているのであれば、それに依存するのは危険と言っておきます。




それがスポンサードサーチであろうとYDNであろうと。


また、先程

「低単価のキーワードばかり追い求めているのは、いわばノウハウコレクターと同じ」

って言ったじゃないですか?



あれって、とある本で言うと

「チャンス追求型思考の人」

とされています。



その状態ではいつまで経っても稼ぐことが出来ないと、

と本の著者は言っています。



まあ、確かにその通りだなと。




その本はこちらになります。



インターネットビジネス「マニフェスト」




先日、行ったメルマガセミナーで少しこの本について触れたのですが、

この本を読めばノウハウコレクターはやめれます。

(もちろん真剣に内容を理解して、思考しながら読めばの話ですが)



一応、全部で3章ありますが、

2〜3章は起業家向けの内容なので、

アフィリエイターなら1章の内容が参考になるかと。




すごいノウハウとかは一切書かれてませんが、

ネットビジネスを心構えは今一度しっかりしたい方にはオススメです。




この本を読んで、ユウキはすっかり著者であるリッチ・シェフレンのファンになってしまいました。



本人のブログの記事を全て印刷して、

時間がある時は読み返している日々を送っています。



今なら無料(送料手数料550円あり ※時期にとっては有料になっている場合があります)

で手に入るので

「どうも自分はネットビジネスに対する考え方が甘いな」

と思ったら購入してみてください。


インターネットビジネス「マニフェスト」


posted by ユウキ at 21:10| Comment(0) | PPC広告、リスティング広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スカルプケア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。