過去ログページ

PPCアフィリエイト戦略概要図

2016年03月29日

サイト修正でまず試みること


アフィリエイト、とりあわけPPCアフィリエイトは

広告出稿後のメンテナンスの方が重要ですよね?




正直


・案件選定

・ターゲティング設定

・サイト作成

・広告文作成


よりもメンテナンスの方が何百倍も大切です。


(もちろん、上記の項目も大切であることには変わりないですが)



なので、運営中のスクールでもメンテナンスについては

かなり重点的に解説しています。



ここ1ヶ月はメンテナンスの内容ばっかりです。



と言っても、このメンテナンス。



何も始めから難しいことをする必要はありません。




管理画面をじーーとにらめっこする前に、

‘’ある箇所’’を修正するだけで反応が劇的に変わることもあります。




それは・・・

サイト内にあるアフィリエイトリンクを踏ませるボタンやアンカーテキストです。




サイトの内のコンテンツはそのままで、

ボタンの配色や大きさ、そしてテキストを変えただけで、

クリック率が大きく上昇することは多々あります。



経験上、どっちかと言うとテキストを変更することで

大きく反応が変わることが多いです。


(逆に変えたことでクリック率が悪くなることもよくありますが)




一つ聞きたいのですが、

日頃からボタンのテキストを


「公式サイトはこちら」

「詳細はこちら」



とかにしてませんか?




それでクリック率が高ければ問題ないですが、

特に体験談風のサイトはその文言ではクリック率は低いと言えます。




ユウキが普段から気をつけていることは

「ボタンやアンカーテキストの前に書かれている文章に沿って、いかに自然な流れでクリックしてもらえるテキストかどうか?」

を意識してます。



例えば、青汁を紹介する時に

「この青汁が他の青汁と違うのは、なんと言ってもまるでフルーツジュースを飲んだかのようにゴクゴク飲めて後味がすっきりするところです。多くの青汁って確かに苦みがないものが最近増えてきましたが、どうしても後味が残るものが多いですよね?でもこの青汁はそれを感じないくらいスッキリなんで子供にも喜ばれると人気なんです!」


のようなコンテンツを書いたとしましょう。



その後にアフィリリンクを挿入する際、


「詳細はこちら」

「後味がスッキリする秘密はココで知れます!」


どちらのテキストの方がクリック率が高いと思いますか?




おそらく「詳細はこちら」でもそれなりにクリック率は高いかもしれませんが、

後者の方がより高いクリック率が出ると見込めます。



すごく極端な例ですが、このように

自然な流れでどれだけ違和感なくクリックしてもらえるか?

がポイントです。



そう言った意味では、

広告文を作成する時と同じ感覚かと。



広告文って狙ったターゲットに

その続き(アフィリエイトサイト)を見たいと思わせるように

タイトルや説明文を考えるじゃないですか?



それと全く同じことです。



もし

「広告のクリック率は良いんだけど、公式サイトの誘導率が低いんだよね〜」

というサイトがあったら、アフィリリンクのテキストをまずは変えてみてください。



それを何回も修正しても変わらなかったら

サイトのコンテンツに問題があると言えるので、

より改善点が明確になるかと。




また、テキスト同時にボタンの配色や形も色々とテストすることをオススメします。



よく

「緑やオレンジ色はクリック率が高い」

って言われますよね?




確かにそうかもしれませんが、

10代20代前半の女性の場合、薄いピンク色の方がクリック率が高いなんてこともあります。

(ユウキの経験上の話)




こういったことって、

何回も修正して試してみないとわからないので、

ぜひ実践して経験を積んでください。




posted by ユウキ at 18:18| Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

PPCは「なぜ売れたのか?」を突き止めることが大事


アフィリエイト全般に言えることですが、

結局のところ、普段からやっている作業を究極に簡略化すると


1 計画(仮説)

2 実行(検証)

3 評価

4 改善


になります。



そう、いわゆるPDCAサイクルってやつです。



PPCはこれをしっかりやらないとアウトだってことはわかりますよね?



で、広告費を使っている以上、

たとえ1件だけの売上でも

「どういった流れで売れたのか?」

を突き止めることが大切です。



売れたからにはちゃんと理由があるし、

それを「とりあえず売れたから良いや!」と楽観視するのでなく、

しっかりとその理由を知る努力してください。




・Yahooプローモーション広告の管理画面

・アフィリエイトサイト

・アクセス解析

・報酬発生画面



これら4つを見ながら売れた要因を突き止めていきしょう。




例えば、

1件3,000円の報酬の商品が広告費1,300円で売れたとします。



その他の詳細は以下の通りと仮定します。


・総インプレッション数(19日分):530

・平均掲載順位:6,4

・総クリック数(19日分):31クリック

・アフィリリンクのクリック数(19日分):8クリック

・サイトアクセス日時:3/19 18:10

・報酬発生日時:3/19 18:43





まず、インプレッション数と総クリック数を見る限り、

クリック率は5.8%なのでかなり良いと言えます。




ちなみにクリック率(CTR)は

「クリック数÷インプレッション数×100」で割り出せます。



なので、この段階では広告文は特に問題なしと言えます。



そして、アフィリンクが8クリックなので、

公式サイトの誘導率は25,8%になります。




まずまずな数値なので、

広告文



アフィリサイト



公式サイト



の導線は悪くないと見ます。



そして、公式サイトのアクセス時間と報酬発生時間を見ると、

売上発生まで約30分あります。




このことから

・ユーザーは初めてこの商品を知った

(事前に知って前々から興味があれば10分以内で購入すると仮定)


・購入するまでそれなりの時間を要した

(つまり購入を決意するまでに時間がかかる商品)



と推測することが出来ます。




以上の結果から


1 公式サイトまでの流れは合格点と言える


2 購入まで30分要しているので、それをもっと和らげるために
  アフィリサイトで後押しするコンテンツを加えたらどうか?


3 広告費を今の2倍にしても利益が出るので、
  クリック単価を少し上げてさらに売上が出る可能性大。
  (平均掲載順位もUP)


4 公式サイトの誘導数が今回8だったので、2倍にするために、
  アフィリリンクの本数を1~2本追加したらどうか?


など、今後の改善ポイントもわかる訳です。



つまり、売れた理由を突き止めることは、

更なる売上をUPさせるための施策も考えるということになります。



あくまでも簡略化した事例なので、

実際はもっとやることが多いですよ。




でも、これさえやってない方って意外にいますからね(汗)



もし

「やばっ!自分そこまでやってなかったわ・・」

と思ったら、これを期にしっかりと重要性を認識しておいてください。


posted by ユウキ at 10:50| Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

ペラ1アフィリエイト講座はこんな感じです


知り合いの‘’そのさん’’が講師を務めているペラ1アフィリエイト講座。

スクリーンショット 2016-03-16 21.46.51.png


⇒ ペラ1アフィリエイト講座の詳細はこちら


今回はLPには書かれていない講座の内容を教えちゃいますね^^



まず、この講座では


・ジャンル選定

・商品選定

・キーワード選定

・ターゲット設定

・サイト作成



まで一通り解説しています。



講座のサイトはこんな感じになってます。


スクリーンショット 2016-03-16 21.49.07.png




そこで、ユウキが注目したのは商品選定の部分。




実際に講座に登録すると、

そのさんが「売れやすい!」と判断した2つのジャンルの商品を知ることが出来ます。



暴露すると


・育毛剤

・女性のデリケートゾーン商品



になってます。



育毛剤に関してはユウキはあまり力を入れて取り組んでませんが、

女性のデリケートゾーン商品はかなり力を入れてやってます。



なぜかって?



単純な話、売れるからです(笑)




講座では

「なぜこのジャンルの商品が売れるのか?」

をしっかりと解説しているのでそこも参考にしてください。




また、ユウキのYDN戦略セミナーを購入されたなら知っているかと思いますが、

セミナー動画でデリケートゾーン商品のサイトを公開して、

「こういうアプローチでこれだけ売れました!」

と紹介してます。




もしYDN戦略セミナーを購入していたら、

「第三部 SEO、リストマーケティング戦略」

のところで紹介しているので見てみてください。


⇒ YDN戦略セミナーの詳細はこちら



で、あのサイトなんですが

今だに売れ続けてるんですよ。



ちなみに先月は売上本数はこんな感じです。


スクリーンショット 2016-03-15 20.25.23.png



スクリーンショット 2016-03-15 20.25.36.png

スクリーンショット 2016-03-15 20.25.54.png




月に最低50個以上は売れていて、

多い月は100個以上売れます。



なので、確実に売れることは証明済みです。




ただし、売れる=激戦区なので、

少し工夫しないとレッドオーシャンに飛び込むことになります。




よく

「これはイケる!と思ったキーワードがあって、サイトを作成していざ出稿してみたら、想像以上にライバルが多くて、入札価格が高くて困ってます!」


という質問を頂きます。




そこでまずユウキは

「出稿前にちゃんとYahooプロモーション広告のキーワードアドバイスツールで推定平均CPCとか推定クリック数などで確認してますか?」

と聞きます。




すると

「やってません」

って回答する人が多いんですね。




勝手な想像ですが、多くの人が

「キーワードアドバイスツールってあんまり参考にならなさそう」

と思っている気がします。



ぶっちゃけアレけっこう正確ですからね^^



ユウキがPPCを始めた3年前くらいは

ちょっと正確さが気になりましたが、

あの時に比べてだいぶ改善されています。




Yahoo側も改善しないと顧客がアドワーズの方に力を入れてしまうので、

ちゃんと定期的にシステムの改善しているので。




で、商品が決まったあとのキーワード選定。




ここを上手く切り抜ければ

だいぶ結果が変わってきます。



でも、キーワードというのは自分で考えるのはどうしても限界がありますよね?




「なんか売れるキーワードないかぁ〜」

と考え続けるのは正直無駄な訳で、

まず最初は、ある程度キーワードを拾ってから自分で展開する方が良いです。




ユウキのメルマガを長い間読んでる方なら

まずは公式サイトからキーワードを抜きとる作業はしていると思います。



というか、やってないなら必ずやってくださいね(汗)



それなりにキーワードは拾えるので。



そして、このペラ1アフィリ講座ですが、

そのさんが「このキーワードは穴場!」というのをリスト化して

受講者にプレゼントしています。




こんな風に。

スクリーンショット 2016-03-14 23.22.28.png



そのさん自身がキーワードプランナーで実際に調べたキーワードで、

ライバルがそれほど多くなく、

今からでも勝負出来るキーワードがずらーと書かれています。




検索ボリューム数も掲載されているので何ともありがたい!




もしあなたが

「とりあえず稼いでいる人が提案するキーワードでまずは挑戦してみたい!」

のであれば、まずはこれを参考にして実践してみると良いです。




特に作業時間が限られているなら、

時間短縮になりますし。




そして更に嬉しいのが、

講座の期間中に講座内で紹介している


・育毛剤

・デリケートゾーンの商品



特別単価報酬にしてもらえます。




ASPはアフィリエイトBなので、もう登録は済んでいますよね?




一応、講座の期間中だけですが、

ユウキが思うにこの期間中にそれなりに売れば

ASP側から特別単価の案内がくると思います。




アフィリエイトBって対応が良いですし、

他のASPと違って、報酬額に関わらず担当者を付けてくれます。

(もしかしたら今はそうじゃないかもしれませんが)



なので、これを機会にチャレンジしてみても良いかと。



きっと新しい発見が出来ることでしょう。

⇒ ペラ1アフィリエイト講座の詳細はこちら


posted by ユウキ at 22:01| Comment(0) | サイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スカルプケア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。